2018年01月20日

テント

2018_01200006.JPG
冬アニメのゆるキャンが面白くて、テントのペパクラを作りました。


2018_01200007.JPG
上を向けるフィギュアってなかなかないので、テント内に寝そべってこちらを見るという画像を撮れなかったです。

2018_01200008.JPG
RPGにもあうよ。

セブンイレブンの印刷機にてプリント番号98810456。2018/01/27 23:59まで。

期限が切れたらこちらを。

2018_01200021.jpg
2018_01200020.jpg
2枚でワンセットです。A4用紙で印刷。

家にプリンターが無いよと言う人は
tento3.jpg
こちらの画像ファイルをUSBに保存してコンビニプリントして下さい。用紙サイズはA3です。

posted by ちびトロ at 17:59| Comment(0) | ペパクラ 背景紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレラーティのけん玉

DT04jZcU8AATUXw.jpg
玉のクロスしてるパーツがうまく作れませんでしたがまあ練習なので。

DT04kIeVQAEAmze.jpg
丸い筒状で出っ張りがあるモデルはサブディビジョンレベルを上げたりクレイポリッシュすると出っ張りが丸まってしまうのが難点だなあ・・・。 面の押出し時に頂点付近に面を沢山作れば良い話だけど、バランス整える時に沢山の面が邪魔になる。今回のはFUSION360 のほうが作りやすい形状だったかも。


DTwP_lSUQAEYehB.jpg
そうそう、制作中に困ったことが。
画面中央の黄色い立体が固定表示されたままになり、他の立体を拡大縮小・視点変更しても黄色立体は画像の状態のまま固定されてしまいました。全ての立体を削除しても黄色立体は画面上に残ってしまうというもの。

「ツール→ツールコピー」しておいてから、このエラーが出ていない.zprを開いて、「ツール→ツールペースト」するそうです。
posted by ちびトロ at 17:44| Comment(0) | デジタルモデリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

アガートラーム マリア11

2018_01160022.jpg
軟質パーツは使わずこんな感じで行けないかなーと青いウネウネは1ミリのスプリング。

2018_01160020.jpg
腿を上げた際に前側のヒラヒラが動きます。

2018_01160021.jpg
横のきみどり色ヒラヒラは腿パーツと一体化。 でもきみどり色ヒラヒラが前側ヒラヒラの後ろ側になっちゃってるので、そこはなんとかしないと。

軟質パーツが使えるならヒラヒラは全部軟質にするんだけど、もしかするとイベントに出すかも?と考えると軟質パーツの生産がとても大変なので硬質レジンで完結できる方法を模索してます。
posted by ちびトロ at 23:47| Comment(0) | figma改造 戦姫絶唱シンフォギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

FUSION360のデータをZBrushCoreへインポートする方法

Fusion360で作った武器なんかのモデルをZBrushCoreへインポートする方法をやっと理解したので忘れない内に書いておきます。

2018_01140020.jpg
こりたFUSION360。
データファイル右下のV●を開き「ウェブ上の詳細を開く」をクリック。

2018_01140021.jpg
ウェブページが開きます。
上部バーに書き出しアイコンがあるのでOBJを選択。

2018_01140022.jpg
登録しているメアドへ変換ファイルが届くのでダウンロード。

2018_01140023.jpg
ZBrushCoreを起動。
「ツール」からインポートを選択しダウンロードしたOBJファイルを挿入できます。

2018_01140024.jpg
右バーからも可能です。

Coreへ挿入したファイルは随分小さかったので(上の画像の鎌は拡大後です)、FUSION360で計測しながら作ったサイズでは無くなっているかもしれません。
posted by ちびトロ at 20:26| Comment(0) | デジタルモデリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする