2012年05月09日

チアフルジャパン 1/8ぐま子

チアフルぐま子が届きました。
まずは箱から
2012_05090001.jpg
箱に貼られているテープのりがかなりベトついてシールはがしスプレーで落とすのが大変でした。

2012_05090002.jpg
箱裏


原型はアルターの爪塚ヒロユキさん
2012_05090003.jpg

2012_05090004.jpg

2012_05090005.jpg

2012_05090006.jpg
ヘルメットはパール塗装のテッカテカです。
黒目に当たる部分がちょっと大きすぎるのと顔が平たいのがね・・・。
ねんどろぐま子より平たいのにはちょっと驚きました。

2012_05090007.jpg
衣装もツヤツヤ。

2012_05090008.jpg
交換パーツも付いております。

2012_05090017.jpg
交換方法など。

2012_05090009.jpg
塗り肌っぽいです。

2012_05090010.jpg
交換用触手(うどん)は曲がります。

2012_05090011.jpg

2012_05090012.jpg

2012_05090014.jpg

2012_05090015.jpg

2012_05090016.jpg

ポストカードが入ってました。
2012_05090018.jpg
5人に増えてます。

2012_05090019.jpg
裏面は設定。

2012_05090020.jpg
ねんどろと一緒に。
顔はねんどろのほうが好みです。
figmaでぐま子が欲しいんですけどね〜。

アレが気になる?
posted by ちびトロ at 21:32| Comment(2) | グッズと改造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

figma改造リルカ

先に別の話をば。
■女性素体の表面処理がそろそろ終わります。AK-gardenまで一月半位なのでそろそろ業者さんにお願いしたいところ。
サポートベンチとかごめん寝ネコとか完全に止まってますし・・・。

■先程テルマエ・ロマエを観てきました。
客が所々で声を上げて笑うほどコメディ要素が強い作品です。主演の阿部寛さんや平たい顔族のおじいちゃん達がいい演技しています。途中シリアス路線に行ってしまいましたが全体的に見ると良くまとまっていました。

51J7CX1NF6L__SL500_AA300_.jpg
■このブログでは何度か『ワイルドアームズが好きだ』と言っておりますが、1〜5のうち2のみクリアしていません。当時はネット環境も整っていなかったので詰まってしまいそこで投げちゃったのです。
ナイトブレイザーが発売するいい機会なので中古ショップでソフトを購入して始めからプレイしてみることにしました。

グラフィックは当時の水準でもかなり下のレベルですが、今となってはFF6の頃のスーファミだと思ってプレイすれば全く苦になりません。

ゲーム内の英雄は驚異的な危機に対して差し出される生け贄だという物語はかなり気に入りました。登場人物それぞれに【英雄】への心持ちがあってそれが丁寧に描かれてあるのは良いですね〜。
ただゲームを進める上で解説が少ないのが辛いです。

例えばワールドマップで表示されるのは町のみでダンジョンが表示されないので再度行きたいダンジョンを探すのに迷い続ける羽目になります。ゲーム開始直後に転送装置を使って移動するので世界のどこに何があるのか把握できないからです。そこは次作の3できちっと改善されています。

あとはダンジョンの仕組みが解かりづらい。指示通りにアイテムを並べたのに先に進めないので攻略サイトで調べたら「北から」並べないと行けないとか。指示にはそんな事書いてないよーと。
仕組みをクリアするための「グッズ」の数が多すぎて(3個×キャラ6人分)いろいろ試しているとかなりの時間を食ってしまい連続プレイが億劫になってしまうこと。
(グッズ使用は次作の3で3個×4人になり随分改善されました)

魔界柱4本を停止させよとかライブリフレクター4箇所を解放しろとか同じようなダンジョンを4回ずつも回されるので飽きてしまうとか。

愚痴も書きましたが全体的には面白いです。ダンジョンのグッズ使用箇所がわかっている2周目からは楽しくプレイできると思います。

■長い前置きでしたが本題です。
2012_04240001.jpg
登場人物の一人、リルカ・エレニアックを作り始めてしまいました。聞こえます、はい、またかと。
頭部はse・きらら神楽亜矢と深雪真奈のおさげを逆にして使用。
腕はハルヒシリーズ、腰は9歳フェイト制服、足はse・きらら河村優。

wa2-37.jpg
ちなみにこんな人。

2012_04280005.jpg
少し変更をしました。設定資料では前髪にボリュームがあるため神楽亜矢の顔では頭部がかなりのボリュームになると判断し化物語の八九寺真宵に。
足はリューターで削り細くしました。

2012_05040003.jpg
そして今日。
ブーツは大泉さんの時に購入したフィギュアーツ火拳のエース、足首から上の部分は熱収縮チューブをやめて新造。
各部の磨きを進めて服のモールドを彫りました。
胸元の六芒星ジッパーやマントの魔力増幅器などは手付かず。

2012_05040004.jpg
マントは表と裏で色が違うので塗装かな?針金入れて自由に動かせるようにしたいのですが・・・。
それと傘をどうしようかなと。カサ部分がビニール傘より小さい設定なので八九寺真宵に付属しているものでは形が違うのです。開いた時のチェック柄も何気にハードル高いですし。

ええとヴァージニアさんはPC前にありますが触っておりません・・・。
posted by ちびトロ at 02:11| Comment(10) | figma改造 ワイルドアームズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

ガンダムフロント東京に行って来ました

これでもかという土砂降りの中、2012年4月にオープンしたダイバーシティ東京の中にある「ガンダムフロント東京」へ行って来ました。
店舗オープン(10時)前にエスカレーター前のフロアまでは解放されていて助かりました。雨の降るなか外で待たされたんじゃたまったものじゃないので。

オープン。
10時入場のチケットを取っていたので7階へ直行。
2012_05030002.jpg
すでに列ができていました。
この列が全く動かないのでおかしいなと思っていたら・・・。

2012_05030004.jpg
中で映像作品が上映さているらしく、前の人が見終わらないと列の人たちは入場できないらしい。
チケットに入場順番用の番号が振ってあったのはすでに機能していないようです。

20分待って入場。チケットと交換でアムロが描かれた券をもらいます。2012_05030007.jpg
入り口付近に連邦軍?コスの女性が。

先にトイレに向かいました。
2012_05030008.jpg


小便器前にはこのようなパネルが。
2012_05030010.jpg

2012_05030012.jpg

2012_05030013.jpg

2012_05030009.jpg
大きい方を待っている時にこれをみたらと思うとニヤけてしまいました。

2012_05030006.jpg
フロアマップです。


【DOME−G】へと続くフロント・レーンを呼ばれる場所です。
2012_05030015.jpg
入場するまで20分待ちましたが、この場所でも10分待ちました。
待っている間、モニターに注意事項が流れます。
ラクス(でしたっけ?)ピンク色のロング髪の女性が飲食禁止、指定以外での撮影禁止など説明してくれます。
別のタイプもあり、「ジークジオン!ジークジオン!」と掛け声が大きくなり、ギレンが演説するように諸注意をしてくれます。


2012_05030018.jpg
DOME−Gはこのような形。中は撮影禁止です。
360度を利用した映像が流れますが、12分もあるので首が痛くなります。新規に起こしたCGのモビルスーツなどがぐりぐり動きますが、自分はガンダムを殆ど知らないので喜びよりも首の痛みのほうが強かったかな・・・。

2012_05030022.jpg
ドームから出ると一気に世界が広がります。
ですが、展示スペースはほぼココのみ。結構小さいのです。
右に1/1ストライクフリーダムガンダムの胸像、
中央奥に1/1コア・ファイター、
その左にア・バオア・クー、
更に左(見えにくいですが)キャラクターフォトスポット、
最も左に何かの座席のフォトスポット。


2012_05030020.jpg
でかい。エフェクトで境界線を隠してあるのが何気に芸コマです。

2012_05030029.jpg
汚し塗装もしてあってなかなかの見応えです。

2012_05030031.jpg
後ろから

2012_05030039.jpg
ア・バオア・クー。
近づいて見てみると・・・

2012_05030042.jpg
何かちっこいの沢山いるー

2012_05030041.jpg


2012_05030043.jpg
キャラクターフォトスポット。
一緒に写りたいキャラを画面で指定すると格ゲーのキャラ選択のようにパッパッと変わります。

2012_05030045.jpg
これは何の座席?

2012_05030046.jpg
シートは硬かったです・・・。

2012_05030048.jpg
ストライクフリーダムとコアファイターの間からドームを撮ってみました。

2012_05030036.jpg
ストライクフリーダムとドームの奥に別のフロアがありますが、そこは撮影禁止でした。
ミュージアムスペースとなっており、設定資料や描き下ろしイラスト原画、キャラを選択すると巨大画面にキャラ紹介が表示されるモニター、1/1ガンダムの足首のパーツや設計図などが展示されていました。

2012_05030052.jpg
限定商品もあります。
2のストライクフリーダムは胸像にするための台座も付属しているそうなので、この会場を再現することも可能といえば可能です(え?)


会場を出るとチケットを入手していない人も購入できるガンダムをテーマにしたメンズアパレルショップが。
2012_05030053.jpg
2万6千円くらいするリング。他にも普通に来て歩けそうなTシャツとかボトムズやベルトなどありました。お値段もそれなりにします・・・。

2012_05030060.jpg
こちらも自由に見ることができる歴代ガンプラ。このコレクションケースがかっこいいんだ。


屋外の1/1ガンダムも見に行きます。
2012_05030062.jpg
圧倒的な存在感。
イートインスペースからガンダムの背面も見られるようです。どこのお店に入れば見られるんでしょうね?

2012_05030063.jpg
ガンダムカフェも併設されております。すごい行列でした。

2012_05030071.jpg
人がたくさん。

ちなみにガンダムフロント東京の入場券は2ヶ月前に販売なので、12月に入場したい場合は10月に販売されるチケットを購入しておく必要があります。

あとはJINS!で模型用のメガネを購入しました。今まではダイソーの+3度の老眼鏡を使っていたのですが、歪んで見えていたもので。きちんと計測してくれて、左+3.50、右+3.25のレンズを入れてもらいました。お値段も4990円とリーズナブル。
これで快適に模型作業できそうです。

その後は豊洲のららぽーとへ移動し1Pソファを購入。配送されるのが楽しみです。
GWということもあって人が多かったです。電車移動と待ち時間で5時間くらい消費したかなー。

GW中にテルマエ・ロマエ観たいと思ってます。
posted by ちびトロ at 22:54| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする