2013年03月07日

週刊 ゆの部屋を作る 2号

「週刊」って所は響きだけなので気にしないでください。

熊本県に外観も間取りも似ている「ひだまり荘」があるそうです。
記事はこちら。

大きなキャビネットを作りました。
2013_03070007.jpg
幅12.5cm、高さ6.6cm、奥行き3.5cmです。木材はマホガニーを使用。

2013_03050010.jpg
参照はぷろだくしょんのーと。


ベッドも作ってます。
2013_03070008.jpg
この上にマットを乗せるのでこのくらいでいいかなと。
幅6.5cm、高さ16.5cm、高さ2cm。

2013_03070009.jpg
こんな感じで

2013_03050009.jpg
カゴはペパクラでも良いかなと思ってます。

posted by ちびトロ at 21:27| Comment(2) | figma改造 ひだまりスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

週刊 ゆの部屋をつくる 創刊

なんてことがあったら良いけど、無いので作ろうかなと思いました。
figmaブログに宮子のデコマスが掲載されていますね。3期OPの♪しゅわしゅわー♪ポーズが可愛いです。
そういえばビーチクイーンズでもひだまり荘の住人6人が出るそうで。


まず部屋の大きさを割り出します。
一般的な単身者用アパートは両開きの窓の横にシングルベッドを置くだけになってしまう大きさ(だいたい3m60cmくらい)。
ゆのの部屋はシングルベッドの横にキャビネットを置いてあるので(だいたい4m50cmくらい)。
家賃4万ちょいでいい暮らししてるな・・・。
名前がひだまり荘だし、内装リフォームをしたという設定なので相当の築年数なのかな。


家具の大きさなども考慮して計算し、B4サイズがちょうど収まりが良いだろうと。
2013_03050028.jpg
美術用品売場で購入したB4の土台にダイソーで購入した木目シートを貼って行きました。
窓は高さ180cm、横は90cm×2つで180cm。1/12サイズにすると15cm。

家具は方眼紙でサンプルを作ってみました。
ゆのっちは小さいので横幅の小さいセミシングルベッドで良いだろうと。幅80cm、長さ200cm、高さ42cm。1/12サイズでは幅6.6cm、長さ16.6cm、高さ3.5cm。
キャビネットは窓とベッドの間にあるのでキャプチャを見ながら「こんなもんかな?」と感覚で大きさを決めています。

2013_03050027.jpg
この角度からのカットは良くありますね。

2013_03050026.jpg

なるべく手間を掛けずにそれっぽく見えるように作りたいと思います。

posted by ちびトロ at 21:43| Comment(2) | figma改造 ひだまりスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

水曜どうでしょうフィギュア其の6のラインナップ

其の6は全種類onちゃんで根付タイプらしいです。ちょっと残念。
全部onちゃんて・・・。シクレまでonちゃんだったら怒るよ?noちゃんなら許します。

983215_detailImage2.jpg
・onちゃん「ギュッ」
・onちゃん「シケーッ!」これは死刑!ですよね。でもはっきりとは書けないですよね。
・onちゃん「2月/鬼」
・onちゃん「11月/フラ」
・簡易onちゃん 指にはめられるらしいです。安田さんを作ったら装着させたいです。

四国88箇所2や試験に出るどうでしょうからはライナップなしですか・・・。
posted by ちびトロ at 21:59| Comment(2) | グッズと改造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

アルゴ を観てきました

昨日、禁書映画を見た時に、3/2から2週間1000円で再上映しますよという告知があったので観てきました。先日アカデミー賞を取ったこともあって座席は中列と後列がほぼ満員。


あらすじ
1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。パニックの中、アメリカ人6名(外交員)が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏。救出作戦のエキスパートとして名をはせるCIAエージェントのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は、6名が過激派たちに発見され、殺害されるのも時間の問題だと判断。彼らを混乱するテヘランから救出する作戦を立案する。しかし、それは前代未聞で大胆不敵、そして無数の危険が伴うものだった……。

ネタバレ含みます。
救出作戦は、外交員6名を「アルゴ」というウソ映画の撮影クルーという事にして堂々と空港から出国させようというもの。
食料調査員に化けさせる(季節が冬なので作物が育ってないので調査にならず)とか、自転車で隣国まで漕がせる(雪があって無理、春までは待てない)とか、外国語教師ということにする(暴動が起きて60日以上もたった今では教師は既に出国している)とか、没になった案もあり、撮影クルー案は「他に比べてまだマシ」なレベルの作戦でした。
ただ、その嘘がバレないように有名な映画関係者に強力を要請したりマスコミから取材を受けて映画の事を記事にしたりと事前準備はしっかりと。実際に拉致が行われアメリカ人であるというだけで殺されてしまう人がいる状況が暗いので、事前準備のエピソードは軽いノリにしてあるのがバランスを取れていて良かった。

イラン到着後は省庁へ撮影許可を取りに行ったり、出国前日に取材をしろと言われアーケード内を歩かされたり、カナダ大使館の使用人がイラン人でタレコミがあるんじゃないかとか。
イラン人の会話がほとんど訳されないので、作戦実行中に兵士同士がしゃべっているシーンではバレているんじゃないかとヒヤヒヤします。

エンドロールでは映画のスチールと実際の写真が出てきたり、役者さんも実際の人物に似せていたり。

6人の外交員は70日くらいの潜伏でしたが、他の50人くらいの人たちは444日間も捉えられていたそうで、もし自分だったらと思うと気が狂っちゃいそうです。

ドンパチはないけど非常にハラハラする作りです。
アメリカ人が自国民を救う為に奮闘し成功したという実話を基にして映像化したらそりゃあ賞を取りますよね、という気がしてしまうのはひねくれ過ぎでしょうか。

1点難があるとすれば、会話が早口なのに訳が長文なので読み終えるまでに次の訳が表示されてしまうこと。戸田奈津子さんだったら良かったのに。
posted by ちびトロ at 21:43| Comment(0) | 映画・TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

ハセガワ 1/12 カプセルトイマシン

近頃は1/12スケールの小物が増えて嬉しい限り。
2013_03010001.jpg
4セット買いました。1セットに2個入っています。

2013_03010002.jpg
バリエーション豊かな台紙が複数あるのが良いですよね。
自分で作るとなると面倒ですし。
ハンドルを回してカプセルが出るギミックはありませんが、ハンドル部は軸になっているので回せます。

2013_03010003.jpg
1セットに12個、カプセルが付属。

2013_03010004.jpg
カプセルじゃなく、BB弾のようなカラフルな弾(イエロー・ブルー・ピンク)も付属しています。

先月発売された「理科室の机と椅子」も一緒に届いたのであとで組み立てます。 

posted by ちびトロ at 23:19| Comment(2) | グッズと改造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場版 とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟 を観てきました

作中内の時間としては白井黒子が孤軍奮闘したレムナント編の後ってくらいでしょうか?

あらすじ
学園都市製宇宙エレベーター「エンデミュオン」完成間近のある日、上条当麻とインデックスは無能力者の少女アリサと出会う。三人で遊んでいると魔術師を引き連れたステイルが来襲し、なぜか科学サイドの人間であるアリサに襲い掛かる。魔術サイドの襲撃に、学園都市はシャットアウラ率いる秩序維持部隊で応戦するが……。


ネタバレを含みます。
正直、ダメな部類に入る映画でした。作画は1期のころに戻っていて良かったですが。
2期は同時に放映していた「夢喰いメリー」のほうに作画陣を割いていたようで酷かったですし。

序盤は主要な登場人物の紹介を兼ねたギャグパートと上条さんのラッキースケベとぬるぬる動くバトルでいいテンポで進んでいたのですが、90分という上映時間の短さから後半は解説なしのドタバタに・・・。

・宇宙エレベーターって表向きは何のために作られたものなの?(説明があったとしても記憶に無いです)

・黒幕の金髪ツインテが1000年以上生きていて、死にたい為に宇宙エレベーターを大規模魔術の一部として使用するのですが、死にかけた父親から2個の小石を受け取った映像が一瞬流れます。それで1000年も死ねない体になるの?もう少し説明しろよ!ってなります。

・アリサはシャットアウラから分離した存在だったのに上条さんのイマジンブレイカーで消えなかった。これは絶対やっちゃダメ。

あとは・・・宇宙空間で神裂ねーちんがミサイル相手に活躍する見せ場があるのですが、生身で大丈夫なん?と。聖人化したってことでしょうか?その辺も全く解説がなかったのでご都合にしか見えませんでした。
上条さんのお説教も当たり前のこと過ぎて全くかっこよくなかったのに、言われたシャットアウラが言われて初めて気づきましたみたいに「ハッ!」と2回もなるのには絶句。

脚本酷いな―と思ってエンドクレジットを見ていたらソ・ラ・ノ・ヲ・トやビビッドレッド・オペレーションの人でした。

あと盛り上がりの時には「幻想殺し」の曲をかけてくれないと禁書っぽくないです。

レールガン4人組・神裂火織・土御門元春・ステイル・アクセラレータ・ラストオーダー・シスターズ・アンチスキルの先生などなどおなじみの面々の活躍が見たいというだけなら観てもいいけどそれ以上を期待すると幻想をぶち殺されますよという内容です。レンタルで充分です。
posted by ちびトロ at 20:56| Comment(0) | 映画・TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする