2013年11月10日

水曜どうでしょう2013年新作 関東で放送開始

東京MXで本日から放送開始となりました。
前枠後枠はどうでしょう祭の会場で撮影したもの。
ですが、スタンド席は照らされていなかったので、第2夜・第3夜の自分は発見できなさそうです。

飛行機でお茶フーフーは観たかったなぁ・・・。
ビジネスorファーストクラスで行ってるからカットせざるを得なかったという書き込みも見かけましたが、個人的には背景はさほど重要では無いんですよねー。
様式美というか見せ場があるなら、あればあるだけイイわけで。お茶フーフーは飛行機シーンに乗るなら有ぜひ観たいカットでした・・・。

さて、ガデ子の抜きサンプルが届きました。
組み立て方ページを作る時にUPできればと思います。
サンプルが届いたので、デカール縮小印刷のサイズを調整して、印刷後に白目の塗りをしないと。
posted by ちびトロ at 23:53| Comment(0) | 映画・TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

現着ッ!シンフォギア2巻

2013_11070003.jpg
シンフォギア2巻のBDが届きました。
3話4話が収録されていまして、見どころはクリスの変身バンクの『ばぁん!』と
4話はマリアVS翼さんと学園祭での【現着ッ!電光刑事バン】とクリスの【教室モノクローム】でしょうか。
マリアさんが一番輝いていた時期で動画の動きっぷりは作中一番かと。

2013_11070001.jpg
4話絵コンテのクリス歌唱パートだけ描き込みの具合に力が入っていまして、最終ページには『雪音クリスファンクラブ サテライト支部部長』とか、『実はアイドル衣装とか着せたかったとか思ってんだろ。このヘンタイッ!』とかイラストが描かれていました。

サントラは【現着ッ!電光刑事バン】のフルVer.が収録されています。
何度聴いても楽しめる歌詞と曲調になっていました。

そうそう、オクで買った1巻ですが、ブルーレイではなくDVDを買っていました・・・。
2巻と並べて置こうとしたら1巻の箱サイズが大きくてですね、あれ?DVDだぞ、と。
何でそこを確認しなかったんでしょうね?

posted by ちびトロ at 20:59| Comment(0) | 映画・TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

コミケ落選とノイズTシャツ到着

2013_11050001.jpg
コミケのサークル参加は落選しました。
卓料入金の控えに名前を書き忘れてました・・・。
一般で遊びに行くことにしますよ。

2013_11050003.jpg
注文からひと月、ようやく届きました。
写りがおかしいですが、実際は濃い目の灰色です。
シンフォギアライブとWFで着ようと思います。

明日にはシンフォギアGのBlu-ray2巻が届くかな?
posted by ちびトロ at 21:56| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

タケシールK2Kの使用感

個人での可動フィギュア軟質パーツ製作として現在のところ有効な素材はこちらでしょうか。

●シリコンシーラントをラッカー薄め液で希釈しておゆまるの型に塗る方法
●液体ゴムBe-1をティッシュに含ませながらシリコン型に積層していく方法
●ジェルメディウムを型に塗っていく方法

各自のメリット・デメリットは各々調べてください。

上記方法に言えるのは1個だけ作るならいいけど量産に不向きであるということ。
そこで気になっていた軟質パーツを作るための専用レジンである【タケシールK2K】を試してみることにしました。
高いお値段を出して通販で購入。

2013_10310001.jpg
A液B液と、液を型に塗りつけるための筆を洗うためのウレタンシンナー、液を色付けするためのウレタン塗料です。

2013_10310002.jpg
こちらB液。
口の中でネチョネチョになったキャラメルを思い出して下さい。
あれくらいの粘っこさのある液です。
A液は水アメくらいの粘調性で透明です。


A液とB液を1:1で混ぜます。
2013_10310004.jpg
普通のレジンのようにカップの中で混ぜ合わせられるほど粘度がユルくないのでチャック付きポリ袋の中で混ぜます。


2013_10310003.jpg
シリコン型に塗りつけます。
粘度が高いので筆で塗りつけようにもうまくいかないんですよね・・・。
画像上側にある袖パーツのような小さなものだと塗りつける際に気泡ができてしまいます・・・。

そういうわけで、B液にウレタンシンナーを混ぜると粘度を低くすることができます。
これで塗りつける際の気泡はかなり減らせますが、
液がゆるいので硬化が始まる前に型の底に液が溜まってしまい、パーツの厚みが均等にならないという弊害が起こります。


2013_10310006.jpg
2回めは型の合わせ目にはみ出るように液を塗り型同士を合わせます。

2013_10310005.jpg
パーツが小さいと合わせ目の裏面を均す作業がしづらくてね・・・。


2013_10310007.jpg
合わせ目が薄かった・・・。


2013_10310008.jpg
バリはハサミや薄刃ニッパーでカットできますが、ヤスリで均すと毛羽立ちます。成型後の修正はほぼできないと思って下さい。


2013_10310009.jpg
ウレタンシンナーで薄めると硬化までに液が寄るのでパーツの厚みが・・・。


2013_10310010.jpg
表面の見栄えは良いです。

2013_10310011.jpg
figmaの軟質パーツと同じくらいの硬さや反発力です。


硬化時間は4時間くらい、電球を使った温度室に入れると1時間くらいです。
ですので、作業回数が増やせるのはありがたいですが、なにぶん液体の粘性に慣れることが大変です。
混合した液を筆で型に塗りつけるという作業を毎回しなきゃダメだというのも一度二度ならいいですが、毎回となるとだんだんと億劫になってきてですね。
同じ面倒なら使い慣れた他素材でやったほうがお値段安くて済みますし。


普通のレジンキャストのように型に流すだけなら良いのですが・・・。

そうなると中子を準備しないといけないんですよね。
シャツのパーツに例えると、
シャツの原型を薄く作って裏側まで綺麗にヤスリがけし、シリコンで3面型を作らないとダメなわけで。

面倒だけど中子作ってみますか・・・。


※追記1※
中子を含めた3面型にしてみました。
2013_11020004.jpg
頭付きのネジみたいな奴が追加で作った型です。


2013_11020001.jpg
最初に作っておいた2面型の原型があった部分に一度目のタケシールK2Kを塗り硬化させ、
2回目はネジ頭形のシリコン型と2面型にタケシールK2Kをたっぷり塗ってぴったり合わせ、フィルムでぐるぐる巻にして硬化まで固定します。


2013_11020003.jpg
温度室で温めると作業効率アップ。


2013_11020005.jpg
バリを取ったところですがどうしてもカットしたところは切断面が汚くなってしまいます。
追加でタケシールK2Kを荒れた所に塗るほうがいいのかな?



※追記2※
塗装をしてみました。
2013_11030002.jpg
ツールクリーナーを含ませた布で表面を拭いたあと
メタルプライマーを吹いてからMr,カラーで塗装しました。


2013_11030003.jpg
曲げても塗膜は割れません。


2013_11030005.jpg
爪でこすると剥げました。
成形時にウレタン塗料で着色しておいて、
シャドーや色調補正の意味合いで塗装するくらいが宜しいかと。


2013_11030009.jpg
バリの処理は1500番の耐水ペーパーで水研ぎすると何とかいける感じ。
タケシールK2Kの盛りが足りなくて追加で盛った際は表面がゴムボールのようにテカテカになってしまうので、そういう場合に水研ぎするとよいでしょう。

posted by ちびトロ at 21:41| Comment(2) | wf2014w | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする