2009年12月05日

di:stage ひと工夫

棚にfigmaを収納するとき、取り出しにくいと感じたことはないでしょうか?
自分はブログ用の撮影で組み換えをするので「1個だけ取り出したい」という事がよくあります。
でもdi:stageを階段組みにしていると余分な物まで出てしまって困ります。


2009_11260002.jpg
これが階段組みです。


2009_11260006.jpg
考えてみたのがこちら。
一見すると階段組みのように見えますが・・・


2009_11260005.jpg
実は各ベースは独立して組み立ててあります。
長い支柱を使うので、ベースの下にfigma台座を使用することができ、余りがちな台座を使えて、単体でも取り出せます。
グレーの部分には、上の画像のように独立のベースユニットを置きます。

でも長い支柱が足りないんですよねー。
透明な8mmのプラ棒を買ってみたのですが、支柱を立てる経が7,9mmで泣いたことも・・・。
(削るのも手間ですしね〜)

短い支柱が余っているので、「短い支柱×2本=長い支柱1本」にするパーツを作ってもらいたいです。
レイヤーユニットでも代用できるのですが,ベースユニットに接続させる出っ張りがあるので見栄えが悪いんですよねー。

これから「カールじいいさんの空飛ぶ家(3D)」を見てきます。
3D映画を観るのは初めてなので楽しみです(n‘∀‘)η
posted by ちびトロ at 20:45| Comment(2) | ペパクラ 背景紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ディステージは意外と活用するのが難しいですよね〜、この方法でしたら枚数を節約するのに良いですね!

ですが私は拡張パーツ持っていないです・・・。
Posted by 三十路工廠 at 2009年12月06日 14:10
>三十路工廠さん、こんばんは〜♪

di:stageは数が増えると出費が痛いですから、節約できるように考えてペパクラを作らないといけませんね〜。
拡張パーツ、支柱が結構便利ですよ。
Posted by ちびトロ at 2009年12月06日 19:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]