2009年12月12日

figma改造 マカ=アルバーン製作 3

久しぶりのマカです。
コートが上手くいかないので手こずってましたが、なんとか活路を見出しました。


2009_12110001.jpg
コートの下からベストがちらっと出ているので作ります。
シャナ胴体の裏から0.2mmのプラ板を接着して、その上にエポパテを盛って作ります。
(エポパテの作業は撮り忘れました)


2009_12110002.jpg
2回目のコート制作。
背中のあたりがピタっとしてちょっと前進。
でも胸からおしりに走るシワが不恰好で気に入らないです。
裾を広げようとすると体の正中に塩ビシートが余ってしまうのでそれをどう処理して良いのか悩みどころ。


2009_12110003.jpg
暗くて解りづらいですが、腰のボリュームが気にいらない・・・。
でも裾の動きは良いです。



別の日。
コートの素材で肩口まで作ろうとすると、胸のあたりに余分なシートができてしまうので、肩の辺りは熱収縮チューブで作ることにしました。
2009_12110004.jpg
作業後。ベストはGSIクレオスのエポパテ「エポパ(高密度タイプ)」を使っています。
某模型裏にて知った素材ですが、硬化時間が1〜3時間と他のエポパテと比べて早く、しかもグレーなのでサフを吹かなくてもシワのつけ方が把握できます。
硬化後も硬さがあり(脆くない)、でも削りやすく、値段も他のエポパテと同じです。


2009_12110005.jpg
筒状の熱収縮チューブを使います。
figmaの肩ジョイントの部分を隠すようにカットし、襟のパーツに挟みこむように接着します。
脇の辺りにチューブが干渉しやすいので、1mm以下までカットしてあります。ちぎれてしまっても元々は筒状なので広がったりはしないでしょう・・・たぶん。


2009_12110006.jpg
3回目の型紙です(紙じゃないけど)
余った部分の塩ビシートをシワとして折り込む事をやめました。どうしても折った部分が分厚くなるので。
解決策としては、塩ビシートの面積が足りない状態で切り出し、塩ビシートを引っ張って自然なシワを作りつつ足りなかった面積を作り出して体にフィットしたコートを作ります。

型紙の赤いラインと黄緑のラインの接点は鈍角になっていますが、引っ張ることで直線となります。
切り出した塩ビシートを体に当て、青い点(胸の辺り)を抑えながら紫の点をつまんで引っ張りながらシートを背中に回していきます。

背中の部分で余ってしまう塩ビシートは最初からカットしておくことに。


2009_12110007.jpg
どーですかお客さん!
体のラインが出て裾も広がったコートです。
背中の塩ビシートが邪魔になるので、形ができた後にカットしました。
こうするとよりラインが綺麗に見えたので良い選択だったなと。
figmaアームも挿せますし。


2009_12110008.jpg
ネクタイ付近や肩の辺りの処理を失敗して切りすぎてしまったので、型紙をもう一度作らないといけないかなー(´・ω・`)


2009_12110009.jpg
腰の辺りがちょっと不恰好なんですが・・・この辺は見えないからもう良いかなと・・・。


2009_12110010.jpg
右腕の上腕をかなり細くしました。左腕もやろうと思います。
鎌作らないといけないのですが、面倒すぎる。

posted by ちびトロ at 00:03| Comment(4) | figma改造 単体モノまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、ちびトロさん。
塩ビシートでコート作るの難しそうですね。
塩ビシートは割と硬い感じなのですか?
Posted by FOX at 2009年12月12日 23:39
>FOXさん、こんばんは〜♪

一番薄い塩ビシートを使っているので柔らかいですよ。
硬さよりも余ったシートの面積をどう処理するかで苦労してます(´・ω・`)
Posted by ちびトロ at 2009年12月12日 23:53
気がつくとメチャメチャ改造されていますね!
バランスも修正されているようで良い感じですね〜。
Posted by 三十路工廠 at 2009年12月13日 19:46
>三十路工廠さん、こんばんは〜♪
試行錯誤の繰り返しですが、牛歩なみのペースで進んでます。
Posted by ちびトロ at 2009年12月13日 20:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]