2013年11月29日

WF版権料の振込用紙とサンプル提出用のラベルが届きました。

振込用紙はコンビニで支払えるようになってます。
ペイジー払いも出来るようですがペイジーって何?

版権元への提出用完成品を収めた箱に貼るラベルと
完成品を撮影した写真の裏に貼るラベルもありました。
版権元によっては誓約書や販売時のパッケージングされたものにもラベルがあるみたいです。

ラベルには版権元の名前、ディーラー名、作品名、商品名、価格、サンプル提出数、などが記載されています。


さてさて、司令のシャツの型が出来たのでタケシールをぬりぬり。
2013_11290015.jpg
原型通りの厚みになりました。

2013_11290013.jpg
ただ、型から外す際に割けました。
表面もベタベタするし・・・原因はなんだろう?
離型剤のスプレーのせいで硬化不良を起こしたのか、赤色のウレタン塗料を混ぜ込む量が多かったのか・・・。
ウレタンシンナーで型を掃除して綺麗にしてから再挑戦してみます。
新たな問題が出ましたが、厚みが均一に出来たので一歩前進です。

※追記※
型が厚くて中までしっかり熱が通らないのかと思って
型を温めたあと、希釈用のウレタンシンナーを少なめにしてタケシールを型に塗布、温度室で2時間半温めました(普段は50分)。
が、それでも表面がベトつくのでしっかり乾燥したものと見比べてみると赤色が強い・・・。ウレタン塗料の入れ過ぎで硬化不良が起きているっぽい?
次回はウレタン塗料を少なめにしてトライしてみます。



●昨日の駄文に入れておけば良かったのですが、最近【よつばと!】にはまっています。
新しいことに出会ったよつばの表情とコマ割りが秀逸です。
figmaサイズで作りたいなー。リボのは大きいし表情がいまいち似てないし。
もし作るなら8.9cmですって。
今は司令とノイズセット一本です。

posted by ちびトロ at 23:13| Comment(2) | wf2014w | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プラモをガンガン作るようになって、冬場の塗装をどうしょうと悩んでた時に、
たぬぽんから「おもしろいものを見つけたから見て」との朗報が届きました。
ちびトロさんの作業効率アップにも役立つかもしれないので紹介です。

それは、「山善 食器乾燥機」です。
AMAZONのレビューがえらいことになってるから1度みてください。
そこには、モデラーからの模型塗装乾燥ブースとしての大絶賛の数々が。
模型塗装の乾燥、ファンドの乾燥、ポリパテ、エポパテの硬化促進はもちろん
シリコン型から取り出したばかりのキャストの硬化促進までもう万能です。
食器乾燥機としての評価は低いのに、塗装乾燥ブースしてはのきなみ5です。
お値段も3020円とリーズナブル。この値段で作業効率が上がるならと、
わが家では購入決定しました。
興味あれば、「山善 食器乾燥機」を検索してください。長文失礼しました。
Posted by たぬぽん at 2013年11月29日 23:24
■たぬぽんさん、こんばんは。
山善の食器乾燥器見てみました。模型用としての評価が素晴らしいですね。
保管場所が困りそうですが、乾燥中のホコリ対策ができる事とタイマーで切れるのは便利ですね。
温度室は温度が上がりすぎるのでサフを吹いた原型はサフ表面がぽこぽこしてしまうのでそこで作業スピードが落ちるのが難点でした。
買ってみようかなと思います。
Posted by ちびトロ at 2013年11月30日 20:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]