2017年07月17日

戦姫絶唱シンフォギアAXZ 3話感想

先週の本編後に流れたおもしろCMで言っていたように、初顔合わせのバトルはサンジェルマンたちの撤退であっさりと終了。
リディアン音楽院校歌が止め絵で・・・しかもキャラがちょっと似てない・・・。よく見る作画さんの名前がエンドクレジットに無かったので制作グロス担当回なのかなー。
そして・・・夏休みの宿題は終わりませんでした。案の定、先生にしぼられるビッキー。

1話から登場していた琥珀詰めのティキ像はオートスコアラーだった!起動の鍵となったのはアンティキティラの歯車。古代に造られた実在する天体観測器なんだとか。
天体を観測することで神に喧嘩を売ることができるかもしれないトカ。5期では神(カストディアン)とのバトルが!?
ところでティキってばすごくビッキーに似てません?天真爛漫なティキはパヴァリア光明結社のアダムにお熱な様子。
400年眠り続けて主のもとに駆けつける様はワイルドアームズ3のアースガルズを思い出すな〜。


アルカノイズの分解から救うためにステファンの脚をふっ飛ばしたクリスは作戦会議中も上の空。
元気づけてあげたいと心配するビッキーはそのことを未来さんに相談できるようになっていてシリーズを経過するごとに成長を感じますね。

『それが雪音にとっての正義の選択というわけか』

同じ状況が再び訪れても同じように行動すると言い切るクリスには優先順位を決めて遂行できる覚悟があるようで。
神が介在せず人だけで人類の相互理解を達成するという目的のためには人命を奪うこともやむなしと行動できるサンジェルマン達。
2人に共通するのは、他人に非難されようとも貫き通すことができる信念であり、どんなに目的が崇高でも人を傷つけることはダメだと思ってしまうビッキーと結社が話し合っても・・・決裂するだろうなー。
でもって人命か任務遂行のどちらかを選ばないといけない選択を迫られた時にビッキーは選べず、更に最悪の事態に陥ってしまう気が・・・。


そして3話最大の見せ場はイグナイト抜剣。
インパクト時の調律を阻害する亜空間に閉じ込める能力を持つボスアルカノイズ。なんでも出来るようになってる錬金術、便利。
必殺技の【TRINITY RESONANCE】カッコよかったけど、仁王立ちしてた翼さんも飛んでいくしミサイルに乗る時は腕組みスタイルのクリスだしでちょっと可笑しかったです。

発射スイッチを押す係と立花の勇姿を目に焼き付ける係だ。そういうことでポチッとな。私も飛ぶんかーい!!

1〜3話で大まかな図式は出来上がったのでこれからが本番って感じですね。
posted by ちびトロ at 01:21| Comment(0) | 映画・TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]