2017年10月18日

3Dプリンターを買いました

3Dモデリングの勉強をしていると『これ出力してみたいなあ』『画面上ではよく出来たと思うけど実際に手にとってみると直したいところが出てくるのでは?』と思うことが多々ありました。

11月のAK-GARDENでプラス分が出れば買おうかなと思っていたのですが、どうせ買うなら早いほうが良いのかなと思って購入決定。

光造形機はお高くて手が出ないのでFDMというニュルニュル式のプリンターを買うことに。
2017_10180001.JPG
Finderです。
Amazonでお値段68,000円(税込み)。フィラメントも付属しておりました。


2017_10180004.jpg
amazon商品ページの動画を見ながら配線をと思ったら画像のような差込口がなくて10分くらい困りました。
ちょっとした仕様変更をしてて動画が更新されてないみたい。

2017_10180003.jpg
届いたものはこうなってました。


Amazon商品ページの動画を参考に本体の設定(言語を日本語に)します。プリントに影響する土台の水平出しを本体ディスプレイの説明に従って進めます。ちょっと低いよ!行き過ぎた、今度は高い!という警告音が結構うるさい。


付属していたメモリーカードをプリンター本体に挿してみたけど中国語だし、フォルダの先に進んでみても読めるようなデータが無くて困りました。
検索して【Flash print】という出力用のソフトをインストール。出力用のSTLデータを読み込み、サポートつけは自動でやってくれるソフトらしいです。
2017_10180005.JPG
解説サイトが無かったので作りました。STLデータを読み込みます(上部バーのデータ取り込みやファイルをドラッグ&ドロップでも大丈夫)。
このソフト、ほぼ直感で行けるのですが、ソフトがフリーズしやすいです・・・。

2017_10180006.jpg
サポートをつけます。

2017_10180007.jpg
自動でサポート付けしてくれます。

2017_10180008.jpg
スライスは積層を荒くするか細かくするか選べます。

2017_10180009.jpg
プリントします。

2017_10180010.jpg
しばらく動かないのですが、樹脂を溶かす為に温度を上げている途中らしいです。

出力中は本体ディスプレイに進捗パーセンテージや残り時間が出るのでありがたいですね。

2017_10180020.jpg
2017_10180021.jpg
出力したデータはこちら。

2017_10180004.jpg
標準の積層で出力(出力5分)。

2017_10180007.jpg
一番きれいな積層で出力(出力19分)。
1/12スケールの小物だとモールドがすべて潰れます。

2017_10180008.jpg
Amazon商品ページの動画だと片手で外れるテーブルですが、実際はメッチャメチャかたいです。

2017_10180009.jpg

2017_10180019.jpg
黒→Form2 白→Finder。

2017_10180016.jpg
サポートの事を全く知らずに出したためラフトががっちりついた下面・・・。

2017_10180025.jpg
物体をZ軸(上)に移動させれば下面のサポート面積は小さく出来るのね。



※2020年3月28日更新※
2年半以上出力しているとテーブルにサポートが食いついて剥がしにくくなってしまったのでテーブルシートを張り替えることにしました。
はがせるんだ・・・。

2020_03280004.JPG
ニッパーを差し込んでもなかなか剥がれないサポートで汚くなっちゃいました。


2020_03280005.JPG
ラジオペンチで剥がしていきます。
全面に両面テープが貼ってあるのでなかなか剥がれません・・・。


2020_03280006.JPG
上の方にいくつかくっついたテープの残りが。
無水エタノールを染み込ませたキムワイプで綺麗に拭き取ります。


2020_03280007.JPG
新しいシートを貼ります。


2020_03280008.JPG
綺麗になりました。

posted by ちびトロ at 22:08| Comment(0) | デジタルモデリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]