2023年11月17日

大掃除

現在、半月くらい大掃除中です。

DSC_0021.JPG
この画像に写っているテーブル天板は捨てるのがもったいなくて10年以上壁にもたれかけていたパイン材の無塗装板だったのですが、失敗したら捨てるつもりでブライワックス(ジャコビアン)を塗り込んだところカフェ風な色合いの天板に大変身しました。
それをリビングテーブルの上に直載せしました。

見慣れたリビングにカフェ風テーブルが出現したことでこれに合うようなすっきりとした部屋にしたいと思ってしまったのです。
大掃除の神が舞い降りた瞬間です。

もう一点。
光造形の3Dプリンターを稼働させる際に洗浄用のタッパーやレジン液をふき取った紙を入れたごみ袋などが床で結構な専有面積を占めるため、そのスペースを確保するためにも模型部屋を掃除したいとも思っていました。
こうなれば大掃除しかない!

youtubeで汚部屋の掃除をする業者の動画を見てどんどん捨てていく情景を目に焼き付け、
汚い部屋は精神がすり減る・無駄にしているスペースを地価や家賃に変換すると損してない?などの動画を見てもっともだと心を入れ替え、
自分のテンションが上がる物まで減らしてしまっては刑務所と同じだという文言を見て捨て方にも加減が大事だとバランスを養いました。

という事でまずは不用品の処分。
ずっと使っていない道具やもう遊ばないであろう玩具を捨てたり売ったり。

もうテンションが上がらないものは売りに出し、可塑剤が染み出してべたべたしているものを条件にしました。
可塑剤が染み出していなければ持っておきたかったものもありましたけど、過去に3回洗ってもまだ染み出してくるのでもう仕方ないかなと。

売るのはオークションサイトではなくホビーオフ。
オークションの方が高く売れるのはわかりますが、大掃除をしながら他人との交渉や梱包発送に時間を使っていたら疲れてしまって完走できません。ここは心を鬼にして買った時の値段を少しでも取り返そうなんて甘えは捨てます。これで随分気が楽になりました。


半年や一年に一回しか使わない粘土埋め道具が部屋で一番に目に付く位置にあったり、よく使うジョイントをまとめた箱が取り出しにくい等、配置の見直しや目隠しを利用する等もyoutubeの収納動画を見て勉強。

不要になったシリコン型をどう処分したものか・・・・・・。


でも、要る要らないの判断をするのに葛藤があるのですごく疲れるんですよね。
おそらく汚部屋にまで行きついてしまった人は「捨てなきゃいけないけど疲れていてできない」が積み重なって自分ではどうにもできないところまで行ってしまったのだろうなと。
それまでは「飲みかけのペットボトルとかゴミになった瞬間毎回捨てていればそうはならんやろ」って思ってました。
鉄腕DASHの雪玉を大きくする企画で一度動き出した雪玉を支えていられなくなって転がり続けてしまうアレです。


今回の大掃除の目標はこちら

1:要らないものを処分して部屋のスペースを少しでも回復させる
2:フィギュア制作作業がしやすいよう道具の配置を見直す
3:見える収納・見せない収納を意識して少しでもすっきりとした印象になるようにしたい
4:ごちゃごちゃと飾っているフィギュアをテンションが上がるように飾りたい


4がかなり難しそうです。これは部屋が小さい日本のオタクの永遠のテーマなので・・・。
posted by ちびトロ at 00:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]