2017年11月04日

今再びのバナナノイズ

2017_11040002.jpg
ラフモデルを作ったので形状チェックのため出力。

2017_11040003.jpg
粗目モードで。シンフォギアGXスタッフ本裏表紙のバナナノイズさんでした。
手前の腕が長すぎました。

2017_11040004.jpg
アナログ原型の嵌合がうまく作れなくて一旦断念したことがあるので再挑戦的な意味で。

2017_11040005.jpg

2017_11040001.JPG
仮出力したものを見ながらデーターの修正と作り込み。
分割してキットにしてみたいです。

posted by ちびトロ at 21:18| Comment(0) | デジタルモデリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

出力時のサポート

2017_10190006.JPG
サポートが細すぎて途中で折れてしまいました。

2017_10190006a.JPG
自動サポート後に手動でもサポートを増やせるのでラフトを増やしつつサポートの細いところを補助的に追加しました。


2017_10190003.JPG
トレーディングフィギュアサイズです。

2017_10190005.JPG

2017_10190004.JPG

2017_10190002.JPG
結構時間かかりますね。



2017_10210002.JPG
マントだけ別パーツにして全2パーツで出力。まだ試したことのない粗いモードで。
サイズが小さいこともあってか薄いパーツは出力できずに隙間ができた。まあエポパテ盛れば良いんだけども。
データ調整のための仮出力としてなら良いのかも。実際、マントが首を通らずに無理やり押し込んだし。次は首から上も分割しよう、という気付きになりました。
posted by ちびトロ at 23:39| Comment(0) | デジタルモデリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

3Dプリンターを買いました

3Dモデリングの勉強をしていると『これ出力してみたいなあ』『画面上ではよく出来たと思うけど実際に手にとってみると直したいところが出てくるのでは?』と思うことが多々ありました。

11月のAK-GARDENでプラス分が出れば買おうかなと思っていたのですが、どうせ買うなら早いほうが良いのかなと思って購入決定。

光造形機はお高くて手が出ないのでFDMというニュルニュル式のプリンターを買うことに。
2017_10180001.JPG
Finderです。
Amazonでお値段68,000円(税込み)。フィラメントも付属しておりました。


2017_10180004.jpg
amazon商品ページの動画を見ながら配線をと思ったら画像のような差込口がなくて10分くらい困りました。
ちょっとした仕様変更をしてて動画が更新されてないみたい。

2017_10180003.jpg
届いたものはこうなってました。


Amazon商品ページの動画を参考に本体の設定(言語を日本語に)します。プリントに影響する土台の水平出しを本体ディスプレイの説明に従って進めます。ちょっと低いよ!行き過ぎた、今度は高い!という警告音が結構うるさい。


付属していたメモリーカードをプリンター本体に挿してみたけど中国語だし、フォルダの先に進んでみても読めるようなデータが無くて困りました。
検索して【Flash print】という出力用のソフトをインストール。出力用のSTLデータを読み込み、サポートつけは自動でやってくれるソフトらしいです。
2017_10180005.JPG
解説サイトが無かったので作りました。STLデータを読み込みます(上部バーのデータ取り込みやファイルをドラッグ&ドロップでも大丈夫)。
このソフト、ほぼ直感で行けるのですが、ソフトがフリーズしやすいです・・・。

2017_10180006.jpg
サポートをつけます。

2017_10180007.jpg
自動でサポート付けしてくれます。

2017_10180008.jpg
スライスは積層を荒くするか細かくするか選べます。

2017_10180009.jpg
プリントします。

2017_10180010.jpg
しばらく動かないのですが、樹脂を溶かす為に温度を上げている途中らしいです。

出力中は本体ディスプレイに進捗パーセンテージや残り時間が出るのでありがたいですね。

2017_10180020.jpg
2017_10180021.jpg
出力したデータはこちら。

2017_10180004.jpg
標準の積層で出力(出力5分)。

2017_10180007.jpg
一番きれいな積層で出力(出力19分)。
1/12スケールの小物だとモールドがすべて潰れます。

2017_10180008.jpg
Amazon商品ページの動画だと片手で外れるテーブルですが、実際はメッチャメチャかたいです。

2017_10180009.jpg

2017_10180019.jpg
黒→Form2 白→Finder。

2017_10180016.jpg
サポートの事を全く知らずに出したためラフトががっちりついた下面・・・。

2017_10180025.jpg
物体をZ軸(上)に移動させれば下面のサポート面積は小さく出来るのね。













posted by ちびトロ at 22:08| Comment(0) | デジタルモデリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

スプリット

今日もスプリットのお勉強。

DMBCrQxVQAArATW.jpg
教本に載っていた王冠のようなものを作ってみた。
シリンダーの1マスをスプリット→厚みを若干つけて抜き出しする方法を多用するっぽい、慣れるまで同じものを何回か作ろう・・・。
posted by ちびトロ at 23:46| Comment(0) | デジタルモデリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

抽出して端パーツに

ZBcoreでパーツの端がきっちり出ないなとイライラを抱えていたのですが、教本を読んで勉強。
2016_10090008.jpg

2016_10090009.jpg

2016_10090010.jpg
スプリットで抽出できることを知ったのが大きい。


2016_10090011.jpg

2016_10090012.jpg

2016_10090013.jpg


2016_10090014.jpg

posted by ちびトロ at 00:31| Comment(0) | デジタルモデリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

フリルの作り方

2016_09200001.jpg
FUsionでオフセット平面3層にスケッチ描いて、

2016_09200002.jpg
パッチモードに切り替えロフトで繋いで、

2016_09200003.jpg
厚みをつけて、

2016_09200004.jpg
123D Designにデータを移して複製・左右反転・繋げたラインを隠すために輪っか挿入でメイドフリルっぽいのが出来ました。

posted by ちびトロ at 21:21| Comment(0) | デジタルモデリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

久しぶりのZBrushCore

DJx_5UrVAAAE5Hv.jpg
久しぶりにZBCを起動し切ちゃんの太ももパーツをこさえてみようかと思ったのですが、太ももを輪切りにした状態は正円じゃないのでニーソの上部(ソロバンの珠っぽいパーツ)が波打っってしまいました。

ソロバンの珠を基準にして円柱から太ももを作ったほうがうまくいくのかな?
Zスフィアで全体を作ってから細部を仕上げていく固定フィギュアの方法じゃなく、円柱や球などの似たようなパーツを組み合わせてから細部調整していく可動フィギュア改造のような手法といえば伝わりやすいのかな・・・。

DJyZGS9UIAAnf6j.jpg
円柱×2で太もも上下を、カットした円錐×2でニーソの上部(ソロバン珠っぽいパーツ)を。
股関節と膝のジョイントはなんとなくの大きさなので6ミリなのか不明。

ZBCoreは計測ができればなぁ・・・。
1/12スケールの可動フィギュアは0.5ミリサイズが違ってもパーツ干渉とか大事故になるのでFusionのような計測機能欲しい。123D DesignにSTLデータは移せるけど分割試みたらポリゴンメッシュ数が多すぎてZBのデータは重いと警告出た。

posted by ちびトロ at 21:36| Comment(0) | デジタルモデリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

Fusion シートメタル

Fusionにはモデル、パッチ、Tスプライン、シートメタルなど制作方法が違う機能があるのですが、今回はシートメタルを。

・「モデル」の状態で円を描いてトリムなどで一部を欠けさせます。
・「モデル」から「シートメタル」に機能を変更

DJWsOIVVYAA-K0V.jpg
作成→「フリンジ」で欠けさせた円を選択すると押し上げられます。「押し出し」だと出来ませんので注意。
厚みをつけるのは外側・内側・両側を選べます。

・厚みをつけた立体の端っこの面を選択し、押し出しして曲面でない平らな面を作っておきます。


DJWtvceVoAYhx1R.jpg
修正→「展開」し、「固定エンティティ」で先ほど作った平らな面を選択し・・・

DJWtwDbV4AA5hWS.jpg
「全ての曲げを展開」にチェックを入れると平らな面に合わせて曲面がまっすぐに伸びました。

この伸びた面にスケッチを描いて押し出しなどでモールドを施し、上部ツールバー一番右の「面を再折り曲げ」で曲面に戻します。
最後は両端をロフトなどで閉じれば模様の付いた腕輪などの完成。
posted by ちびトロ at 22:01| Comment(0) | デジタルモデリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

Fusion360アドバンス編

Fusionの使い方がいまいちわからないのでさらなる理解のために中級編を買いました。初級は機能の配置などが覚えらればよしって感じですね。そこから「作りたい形を作るにはどの機能をどう使えばよいのか」を学べるようになるのが中級編・・・なのかな?

201709030002.JPG
Fusion360本(アドバンス編)で完成画像とヒントで作ってみようというページがあったので。八角形の出っ張り穴はオフセット平面後に八角形描写してロフトできるんですね。 下の面の面数も八にしないと繋げられないかと思いこんでましたが単純に上の面と下の面を設定するだけで繋げてくれた。

2017_09020010.JPG
posted by ちびトロ at 22:45| Comment(0) | デジタルモデリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

ネフィリム胎児

AK-GARDENの準備で20日くらいZBrushcoreを触っていなかったら操作方法を忘れかけていて焦った・・・。
2017_06230001.jpg
ニコニコでシンフォギア3作の一挙放送中なのでネフィリムを作ってみました。
大まかに形を作っただけですが、ここから綺麗にするのが大変なんですよねぇ・・・。


posted by ちびトロ at 22:47| Comment(0) | デジタルモデリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする