2020年02月20日

どうでしょうDVD第29弾発売

2020_02190009.JPG
どうでしょうのDVDが発売されました。
カブで高知の桂浜に行ったやつです。

つい最近のように感じますが、収録は2010年の作品なので10年前。
10年前・・・。

今回、DVDとBDで発売となりましたが、今までDVDで発売されていたのでBDを買うとパッケージの大きさが変わっちゃうし〜と思ってDVDにしました。
しかし、BDもパッケージをDVDの入れ物と同じにしたとのこと。
これを知ったのが発売前日でした。
もうどうしようもないね。


2020_02190010.JPG
予約特典はてんとう虫ヘルメット。
柄がナナホシテントウですね。


2020_02180001.JPG
こちらは円盤発売の前日にコンビニに並んだ一番くじ。
3回引いてB賞、H賞、G賞が出ました。

B賞が出るなんてここ数年では一番の幸運でした。
地球の歩き方編集で国内のカブ企画が収録されています。
posted by ちびトロ at 00:02| Comment(0) | 映画・TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

水曜どうでしょう最新作

1月15日(水)に東京MXで水曜どうでしょうの最新作が放送となりました。
まだ見られない地域もあるのでネタバレはやめておきます。
昨年10月のどうでしょう祭2019で見た第一話でしたが、最終的には第何夜まで行くのか楽しみです。
posted by ちびトロ at 00:35| Comment(0) | 映画・TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

2019秋アニメ感想

●アズールレーン
艦これと違って「何のために戦うのか」と理由を求めたり葛藤することが描かれていて、「アプリゲームのアニメ化」の中では楽しめる内容でした。普通はそこまでやってようやくスタートラインなんですが、人気キャラ出しておけばいいだろ的なアプリアニメが多くて・・・。
ラフィー役の長縄まりあさんの声が良いです。11話〜13話が来季末に延期しちゃいましたけども。

●慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜
駄女神っぷりがこのすばのアクアとかぶるかなと心配していましたが、駄女神と言うよりはツッコミ系でしたね。
表情がコロコロ変わって画面が楽しい。

●ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld
長いですね・・・。結構飽きてきた・・・。話の進み具合もテンポが遅いので3週くらい撮りためてから一度に見てました。

●ちはやふる3
安定の面白さ。歳を重ねて体力が落ちても気力を失わない、かるた会の原田先生が最高にかっこいい。

●ハイスコアガール II
ギャグあり恋愛あり、1期も楽しく見ていましたが、期待通りの面白さでした。
格ゲーは苦手ですが、あの頃ドンピシャ世代なので懐かしくてミニスーファミ買っちゃいました。昇龍拳も撃てませんが。

●旗揚!けものみち
尻姫様のくだりは面白かったですが、あとは何してたっけ?とあまり覚えていないアニメでした。
これ、キャラのテコ入れが無くなったら話すことがなくなるのでは?

●BEASTARS
狩りをする側とされる側が同じ場所にいるっていう普段意識していないけど人間の世界もそうかも・・・。

●Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-
毎回ギャグパートとバトルパートがあって作画も綺麗で、Fateシリーズの小難しい設定は少なめで楽しめました。
2クールものなの?

●放課後さいころ倶楽部
最近耳にすることが多いボードゲームってこんな感じなのね。
そういえば、子供の頃に遊んでいたドラクエのパルプンテっていうゲームもボードゲームなのかしら?

●ぼくたちは勉強ができない!(第2期)
1期は緒方理珠推しでしたが、今期は古橋文乃と桐須先生です。

●僕のヒーローアカデミア(第4期)
切島大活躍の回は面白かったのですが、そこへたどり着くまで9話くらい使っていたのでちょっとダラけたかなと。
1〜3期に比べて密度が薄まった気がします。
劇場版面白いよ!

●本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません
本が好きだけど紙がない。異世界転生ものは知識はあるのでなんとかなるだろうと思っていたら転生した体は熱に殺される病を持った体で、高価な魔術具じゃないと治療できないという制約があり・・・。
異世界で無双するだけの作品が多い中、そういう点で見どころがありました。

●ライフル・イズ・ビューティフル
知らない世界を見せてくれる系の作品は好きだけど、弾も飛ばない射撃競技は地味すぎる・・・。焦点を合わせようとするシーンで視聴者をドキドキさせる演出を入れてみたりしたらどうだろうか。
あまりにも淡々と進むしギャグパートはオチがついていないし、OP曲はアイドルマスターだしでちょっとおもしろくなかったです。

●私、能力は平均値でって言ったよね!
OP曲は畑亜貴さんで中毒性がある感じが良かったのですが、本編は・・・。作画をもうちょっと頑張ってほしかった。
posted by ちびトロ at 14:18| Comment(0) | 映画・TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

2019年 夏アニメ感想

●戦姫絶唱シンフォギアXV
今期はこれを語らずして何を!って感じで、TVシリーズ完結の名にふさわしい熱さ・作画でした。
キャロルの復活だけでなくオートスコアラーの再登場までやってくれるなんて流石にそこまではないだろうなと思っていた適合者達の想像を超えてくるなんてすげえよチームシンフォギア。


●ダンベル何キロ持てる?
これを見始めて筋トレを初めた人も多そう。自分のそのひとりです。
毎回テンポよく楽しめましたし、新人のファイルーズあいさんのお芝居と声も良かったです。
「肉のお兄さんだよ」のセリフも好きでした。

●ソウナンですか?
お色気描写が多々ありましたがそんなことはどうでも良いと、サバイバル情報が適度に盛り込まれていてフムフムと見ていました。
ウサギ実食回を避けず生き物を食べるとはこういうことだと見せてくれた点も高ポイント。

●鬼滅の刃
2クール目。善逸や伊之助もいいキャラしていましたし(善逸はちょっとうるさい…)バトルシーンも毎回気合が入っていて見どころが多かったです。

●手品先輩
ポンコツ手品のえちちな先輩でしたね。どことなくだがしかしの枝垂ほたるに似てました。
おかっぱ地味目の助手くんが邪魔になっていなくて良いバランスでした。

●ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかU
1期はダンジョンの話が多かったですが、今期はファミリア同士の抗争がメインでしたね。
そういうのあんまり好きじゃない・・・。

●Dr.STONE
科学ファンタジーという少年ジャンプらしくない内容かもですが、なかなかおもしろかったです。
ライオンを素手で一撃という時点で科学関係ないただのファンタジーだったかもしれないけど。

●からかい上手の高木さん2
いつもどおりからかわれる西片君を見る番組。1期でもいいましたが女子3人組のボサボサヘアー、ミナちゃんがかわいい。


●荒ぶる季節の乙女どもよ。
岡田麿里さんの脚本はちょっと棘が強いというか性的要素が強いと言うかもうちょっとマイルドに・・・と、思うことがあるのですが、今回はそれを全面に押し出していましたね。テンポが良かったのでプラスになりましたが。


●彼方のアストラ
少年ジャンプで宇宙モノも珍しい感じ。ピンチで補正がかかりまくりでしたがそれなりに楽しめました。

●コップクラフト
ケイ・マトバ役の津田健次郎さんの声が渋くてかっこいい。このすばのハンスの時からいいなあと思っておりました。
ティラナ・エクセディリカも可愛かったです。ストーリーはそんなに・・・。



見てたけど感想なしの作品。
●炎炎ノ消防隊
●ロード・エルメロイU世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-
●かつて神だった獣たちへ
●ヴィンランド・サガ
●まちカドまぞく
●とある科学の一方通行
●通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?
●ありふれた職業で世界最強
●ナカノヒトゲノム【実況中】
posted by ちびトロ at 19:07| Comment(0) | 映画・TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

シンフォギアXV、放送終了

昨晩、見終わってから5回見返しました。
とてもいい着地点というかきれいに終わりました。
きれいに終わりすぎて「これシンフォギア?もうちょっと荒々しく終わりそうなものだけど」と思ってしまったほど。
なので、終わってしまった・・・とロスになるような感覚がまだ訪れていません。

終わったことを受け入れたくないのかな?受け入れたからこそスッキリしているのかな?と自問自答してみるけど答えは出ません。
まだ、公式HPの用語解説も更新されていないし、ライブの有無すら出ていないのでロスタイム的な感覚もあるのかも。

シリーズ7年半、自分が追い続けたのは7年間、シンフォギアはとても楽しめたコンテンツでありました。

まだまだ楽しみますよ。
レイアとファラの可動フィギュアを作るまで、そしてその後はキャロルやエルフナインも。
装者のギアVer.も作りたい。

やれることはまだあるので。

シンフォギアの映像化に関わったスタッフの皆さん、シンフォギアをこの世に生み出してくれてありがとうございましたッ!!
posted by ちびトロ at 22:38| Comment(0) | 映画・TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

シンフォギアXV最終話、今夜放送

今夜、最速でシンフォギアXV最終話が放送されます。
7年半、5期ですか。

ちょっと想い出話をしましょうか。

自分は1期1話をリアルタイム視聴していたのですが、ライブシーンで「あ、アイドルの音楽モノだ、切ろう」となってしまいノイズが出現するシーンの直前で一度視聴をやめたのでした。
(アイドル音楽モノは余り肌に合わないんです・・・)

TVで1期の放送後「原作脚本をゲーム屋がやっている」というおそらく誹謗中傷が込められた2chの書き込みを見て、特にゲーム屋さんの名前を知らないのに「どんな人が書いてるんだろう」と検索してみると「金子彰史」とありました。

私が一番好きなゲーム、ワイルドアームズで有名な方です。

金子さんが関わっているならちゃんと見てみたいな。そう思っていた頃、2期の放送が迫る前クールにTVで1期の再放送が。
ネフシュフタンクリスへの腹パン「最速で!最短で!まっすぐに!一直線に!胸の響きを、この想いを伝えるためにィィィィ!」のところでワイルドアームズ3の主人公ヴァージニアにも似た熱さと啖呵によって一気に心掴まれました。
初見ではややこしかった内容も2回目だと「ここで伏線が引かれていたのか〜」と唸らされましたね。


いよいよ今夜最終回です。
先程、12話を見ていてなんだか泣けてきてしまいました。

TVシリーズ完結と言われているので、ライブで「特報」、か〜ら〜の劇場版ドーンという展開もありそうだけど、これで一旦ピリオドを打たれるのだと肝に銘じてビッキー達の未来を見届けようと思います。
posted by ちびトロ at 22:48| Comment(0) | 映画・TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

エクシヴがもうすぐはじまるッ

先程ブシロードTVのシンフォギア特集も見終わりましてあと2時間ちょいってことろです。
シリーズ完結って言われているので終わりの始まりが。
嬉しいやら終わってほしくないやら。
posted by ちびトロ at 22:52| Comment(0) | 映画・TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月04日

2019年春アニメ 感想

●進撃の巨人 Season3(Part.2)
ようやく地下室に入ることができ、始祖の巨人とか意志のある巨人が9人いるとか、その巨人になった人は13年後に死ぬとか、壁の向こうには巨人になれない人類がいるとか矢継ぎ早に判明しました。
2020年にファイナルシーズンとのことです。

●ワンパンマン(第2期)
強くなりすぎてまともに戦える相手がいなくなった主人公の話。
1期で宇宙の覇者に勝ってしまったので2期はどうなるの?と思っていましたが、中途半端なところで終わりましたね。イベントで3期決定の流れでしょうか。

●どろろ(2クール目)
多宝丸と母親の関係や父親の顛末はよくある終わり方だったなあというのがちょっと残念でしたが、毎週楽しみに見ていました。

●ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風(何クール目?)
いよいよクライマックスですが、あと何話あるのでしょうか。

●盾の勇者の成り上がり(2クール目)
理不尽な目にあっていた盾の勇者でしたが、解決がついて何より。まだ他の勇者は利己的な行動が多いですが。
波の正体は別世界の勇者ということらしいので、これも2期がありそうな感じですね。

●異世界かるてっと  
角川ラノベ主人公御一行が学校に通うギャグアニメ。
「このすば」が好きなので期待していましたが、正直なところ面白くなかった。2期決定らしいですが多分見ないです。

●世話やきキツネの仙狐さん  
会社に疲れた主人公が狐っ娘に癒やされる話。「疲れた・モフモフ」くらいしかなくて15分アニメでも良かったかも。

●八十亀ちゃんかんさつにっき  
東京から名古屋に転校した主人公と名古屋弁の女の子の話。
5分アニメでテンポが良かったです。
「名古屋に観光地はありません」「不甲斐にゃあ〜」「名古屋を背負って泣いている!」は面白かった。

●川柳少女
恥ずかしくて喋れないから5・7・5で返答する女の子の話。
12話もあったけどなにしてたっけ?

●ひとりぼっちの○○生活  
クラスの全員と友達になるまで絶交と親友に言われた女の子の話。
きらら作品っぽくしたかったのかな?ギャグがあるわけでもないしイイ話っぽさもあまりなかったし・・・。

●鬼滅の刃 
鬼に家族を殺された主人公が鬼になっちゃった妹を人間に戻すために戦うお話。
よく動くしテンポも良く、2クール目が楽しみです。炭治郎の「長男だから我慢できたけど次男なら泣いてた」が面白かったです。禰豆子がかわいい。

●ぼくたちは勉強ができない
楽しく見られました。どの子も可愛らしいです。

2クールものがあったから良かったですが、今期は面白いと思える作品が少なかったです。
進撃・ジョジョ・ワンパン・鬼滅・僕勉が同率一位という感じでしたね。
7月からのシンフォギアXVが楽しみです。
posted by ちびトロ at 01:30| Comment(0) | 映画・TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

2019年 冬アニメ 感想

●上野さんは不器用
あまりしゃべらずに本を読んでいる事が多い山下さんでしたが、上野さんの恋路を応援して何かと協力的で二人が仲良かったのが好印象。
芹澤優さんの声とお芝居が良かったです。

●えんどろ〜!
魔王も不幸にしないエンドロールが良かったです。

●転生したらスライムだった件
2クール目。日高里菜さんが声を当てているミリムが可愛かったです。2期があることも発表されましたがチート性能で楽に解決しちゃう展開はちょっと飽きてきましたね。

●ソードアート・オンライン アリシゼーション
学園モノが終わったと思ったら上に行きたければ俺を倒してから行け的な死亡遊戯のような展開に・・・。

●ケムリクサ
10話までは情報を小出しにするスタイルだったので、考察などしない自分としては各話の盛り上げが足りてないかなと感じていました。
小出しにされていた情報が11話で明るみにされエンディング曲に突入すると10話までに感じていた物足りなさが「すげえ!」「退屈って思っててごめんなさい!」に変わりました。
「すきにいきて」のメモは荒廃した世界なので「思うように生きて」かと思っていたら最終話では「”好き”のために生きて」と読み解ける作りになっていて、そこに気づくとほかの姉妹は好きを見つけていた事にハッとさせられました。
りんの「好きだ」が いい笑顔でしたね。たつき監督による高いシリーズ構成力が発揮された良い作品でした。

●荒野のコトブキ飛行隊
SHIROBAKOの水島努さん×横手美智子さんのコンビだったのでこれは絶対に面白いと決めつけて見はじめましたが、CGでの空戦を見据えて主要キャラがCGだったため表情にカクカク感が否めず、なのにサブキャラは手描きアニメーションで活き活きと動くので残念なことに。
飛行機の音だけやたらと気合が入っていてそれも浮いてしまっている感につながってしまったなと・・・。

●五等分の花嫁
割とラブコメ好きなので楽しんで見ていました。三女の三玖が一押し。次に一花。

●盾の勇者の成り上がり
何もしてないのになんで盾の勇者だけ理不尽な目に合うのかと序盤はイライラしっぱなしでした。王の娘をゴブリンスレイヤーの世界に異世界転生してやりたい。
日高里菜さんが声を当てているフィーロが可愛かったです(どう見てもチョコボ)。

●同居人はひざ、時々、頭のうえ。
猫パートが面白かったです。

●どろろ
小林靖子さんが関わっている作品は面白なと感じていて、どろろはすごくヌルヌル動くアクションというわけでもないし、各話のストーリーも目新しいものはないのに見終わったあとで今回も面白かったなーと思ってしまうんですよね。

●とある魔術の禁書目録V
前クールと同じで作画も演出も劇伴の使い所も悪いです。いつか良くなるのかなと追いかけましたが正直苦痛でした。

●モブサイコ100 II
よく動いてましたね。モブくんが精神的に成長しているのが良いですね〜。

●約束のネバーランド
来年に続く。

●ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
原作の良さはもちろんですが、こちらも小林靖子さんが関わっているので面白いですね。

●私に天使が舞い降りた!
今クールの一番はこちら。妹のひなたが好きでした、声が可愛い。このすばでもあった眼球が横向きの楕円形になる焦り顔の作画が好きです。
posted by ちびトロ at 21:41| Comment(0) | 映画・TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

2018年秋アニメ 感想

●アニマエール!
いつものきらら作品って感じでしたが、あまりハマりませんでした。

●となりの吸血鬼さん
こちらのほうがきらら作品っぽい感じでした。ソフィー役の富田美憂さんの落ち着いたお芝居が心地よかったです。

●ゴールデンカムイ
クライマックスの網走刑務所での敵味方が目まぐるしく変わる展開は大好物でとても楽しめました。原作を読みたくなってきました。

●異世界居酒屋〜古都アイテ−リアの居酒屋のぶ〜
身近な料理を異世界の人に食べてもらうことで視聴者は自分たちが食べているものなので味がわかるしその食べ物を食べたときの感覚や感動を思い出せる構成はうまいなと。
アニメのミスター味っ子を見ていたせいか、美味しさの表現が似ている感じがして親近感がありました。
異世界の登場人物にも立場や背景があってその人達のストーリーもちゃんと楽しめる内容になっていたのが更に良かったです。

●ソードアート・オンライン アリシゼーション
4クールものらしいので序盤はこんな感じなんでしょうか。

●SSSS.グリッドマン
メカ物は0話切りしていたのですがTwitterで盛り上がっているのを知り、追っかけて見てみたところ、ロボ成分は怪獣を倒すシーンのみだったので飽きずに見ることができました。
中盤はロボのオプションパーツ紹介みたいなところが強く感じられてちょっとだるくなってしまったのですが、最後はきれいにまとまったなと。

●ゴブリンスレイヤー
毎週ゴブリンと戦ってばかりでしたが、ラストバトルでギルドの人達と共闘するシーンはなかなかジンと来るものがありました。

●ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
原作は読んだことがあるのですが、ずいぶん経っているので記憶も残っておらず新鮮な気分で楽しめました。

●うちのメイドがウザすぎる!
1話でめちゃくちゃヌルヌル動く作画で一気に気に入りました。みどりんと初対面のミーシャがツッコむ時の言葉選びがいちいちツボに入って笑いが絶えなかったです。

●俺が好きなのは妹だけど妹じゃない
俗に言う作画崩壊がほぼ毎回起こっていてそれを期待して見ていたような気がします。ただ、作画が良かったとしても話は全く面白くないですね。妹の名誉に乗ってしまった主人公の葛藤がほぼ描かれておらず、なのにハーレムは受け入れているという・・・。

●青春豚野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
その点、こちらの主人公はちゃんと主人公してました。
各話ヒロインに対して誠実だったし、思春期特有の心の動きを描こうとしているストーリーも良かったです。

●転生したらスライムだった件
体重移動の作画に定評のある(私からの) 江畑涼真さんが作画陣に加わっていてOP・EDともにグリグリ動いていました。
話は若干ありきたりに感じるのですが、人のためにできることをしてあげるとかなるべく争わないようにとか、そういう人として基本的なことを最近の作品では言わなくなってきているので、作中で言ってくれて勝手に嬉しくなったりしました。

●とある魔術の禁書目録V
夏に1期2期の再放送をするなりして3期放送に備えるなら良いのですが、2期放送から5年以上経っていきなり3期放送だったのでたくさんの派閥がどういがみ合っているのか忘れていて話がわかんないです。
作画も間に合ってない回が多いし、話の展開と劇伴が噛みあってない演出も多くて盛り上がりのところで盛り上がれませんでした(アクセラレーターが闇落ちしかけるところでラストオーダーが登場するところとか、聖人崩しが炸裂するシーンとか)。
準備もせずに何故急に3期をやり始めたのか・・・急にやっても再ブームが起こるだろうとか妄想したのかな角川だし。
posted by ちびトロ at 02:09| Comment(0) | 映画・TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする